京都で3月23日に桜開花、2016年のお花見シーズンが本格的に始まる


京都で3月23日に桜の開花宣言が出されました。例年よりもかなり早い開花宣言です。

桜の開花宣言により、京都では本格的なお花見シーズンが到来しました。

すでに満開の桜もある

桜の開花宣言が出る前から、京都各地ですでに桜が満開を迎えているところがあります。早いところだと3月の初め頃に見ごろとなっていた桜の名所もありました。

京都市上京区の京都御苑でも、近衛邸跡で糸桜がすでに満開を迎えています。

京都御苑の糸桜

京都御苑の糸桜

京都御苑の糸桜の開花時期は3月中旬で、毎年20日頃に見ごろを迎えます。

すでに多くの花見客で賑わう京都御苑では、染井吉野、御所車返し、普賢象桜など、早咲きから遅咲きの品種の桜が約1ヶ月に渡って順に花を咲かせていきます。そのため、3月下旬から4月下旬までいつ訪れても桜を楽しめますから、桜シーズンのピークを外してお花見に出かけるのもおすすめです。

 

京都市内で染井吉野が見ごろを迎えるのは、3月30日前後と思われます。4月の最初の土日はどの桜の名所も旅行者で大混雑することでしょう。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加