ホテル・アゴーラ リージェンシー堺が11月に「ホテルで楽しむ本の世界」のイベントを開催


大阪府堺市のホテル・アゴーラ リージェンシー堺が、ホテルでは初めてメッセージを付けた「本」を媒介にしたコミュニティーである「まちライブラリー」へ参画しました。

これに伴い同ホテルでは2014年11月1日(土)から30日(日)までの期間、本をテーマにしたイベントを開催するようです。

身近な場所にある「まちライブラリー」

まちライブラリーは、カフェ、ギャラリー、住宅、オフィス、お寺、病院など、町の様々なところにあります。

まちライブラリーのホームページ

まちライブラリーのホームページ

持ち寄った本にメッセージをつけて共通の本棚に置き、本を媒介にして、人と出会うことを目的にした活動が「まちライブラリー」です。

2014年10月現在では、まちライブラリーは、東京と大阪に集中しており、その他の道府県では、まだまだ浸透していないようです。ちなみに京都にはひとつもないですね。簡単に参加できるそうなので、京都のお店、お寺や神社にも参加していただきたいですね。

「ホテルで楽しむ本の世界」のイベント内容

さて、ホテル・アゴーラ リージェンシー堺が11月に実施する「ホテルで楽しむ本の世界」のイベント内容は、以下のようになっています。

  1. 本の形のケーキ販売 Book Cake 2,916円(消費税込)
  2. 本を読みながらくつろぐことが出来るケーキセットの提供。(ホットコーヒーお代わり自由) 972円
  3. 絵本「かぼちゃのスープ」(作:ヘレン・クーパー訳:せなあいこ)よりかぼちゃのスープを、コース料理に含まれるオードブル&サラダバーで提供 1,836円~
  4. 「三国志」より三色酢豚を単品、またはコース料理で提供 1,404円
  5. 与謝野晶子「みだれ髪」の燃え上がる恋をイメージした懐石料理の提供 4,860円

また、「メインバー フォースル」では、ライブラリーバーとしての利用が17時から19時まで可能とのこと。こちらでも小説に登場するカクテルを提供しているそうですよ。

 

もちろん、ホテルなのでイベントに合わせた宿泊プランも用意されています。「ゆっくり読書を楽しめる宿泊プラン」は、シングルルームが12,400円からとなっています。エグゼクティブフロアでの宿泊、ルームサービス付き、レイトアウトとなっているので、非日常の空間でゆっくりと読書にふけることができそうですね。

なお、イベントの詳細については、ホテルのホームページでご確認ください。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加