クレジットカードを選ぶ基準は実用性重視に。ポイント還元率と消化のしやすさが決め手!


10月7日にオリコンが、クレジットカードランキングを公表しました。

その中で1位となったのは楽天カード。最近、テレビCMでよく見るようになった楽天カードですが、人気の理由は広告宣伝効果だけでなく、実用性を重視する人たちが増えていることが背景にあるようです。

ステータスでクレジットカードを選ばなくなっている

以前は、クレジットカードを選ぶ理由にステータスやカッコ良さという要素が含まれていました。

「持つならゴールドカードじゃないと嫌だ」「普通のカードはカッコ悪い」といったことを言う人も、かつては多かったのですが、最近では新規にクレジットカードを持つ人たちには、そのような意識はほとんどないようです。

もはや、地位や見た目でクレジットカードを選ぶのは、おじさん世代だけになってきているのかもしれません。

普段の買い物で便利なカードほど人気

今回のオリコンの調査で1位になった楽天カードは、アンケート10項目のうち、コストパフォーマンス82.69点(1位)、ポイント・マイルの貯まりやすさ80.15点(1位)、交換物の充実度73.13点(1位)など6項目で1位を獲得しています。

利用者の声を見ると、ポイント還元率の高さ、ポイントの貯まりやすさ、ポイントの消化のしやすさといったものが目立ちました。普段の買い物で多くのポイントが貯まり、かつ、ポイントを使いやすいといった点が評価されているようです。

 

楽天以外で上位に入っているクレジットカードは以下の通りです。

  • 2位:イオンカード
  • 3位:エポスカード
  • 4位:セブンカード/アイワイカード
  • 5位:セゾンカード
  • 6位:ポケットカード
  • 7位:ライフカード
  • 8位:ビューカード
  • 9位:ジャックスカード
  • 10位:DCMX

こうやって見ると、イオンカード、セブンカード、セゾンカードなど、スーパーやコンビニでポイントを貯めやすくなっているクレジットカードが人気ですね。この結果を見ていると、1円分でもポイントを無駄にしたくないという気持ちが、クレジットカード利用にあらわれているようです。

1円玉

クレジットカードを所有するのは、決済手段として便利なことだけでなく、ポイントカードとして使うという理由が強くなっているのでしょう。

 

楽天カードが人気1位の理由は、ポイントだけでなく申し込みの利便性にもあるようです。特に審査が通りやすいといった点は、学生やフリーターの方にとってメリットがありそうですね。また、申し込みの利便性では、イオンカードが73.78点と楽天に次ぐ2位になっています。

総合順位を押し上げているのは、コストパフォーマンスやポイントの貯めやすさに加えて申込みの利便性も大きく影響しているようです。

 

今回のアンケートを見る限りでは、普段の買い物でポイントが貯まりやすいクレジットカードが、これからも利用者を伸ばしていきそうです。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加