フェイスブックの2014年10月~12月期の売上高が38億ドル越え


米フェイスブックが1月28日に2014年10月~12月期決算を発表しました。

それによると売上高は前年同期比49%増の38億5,100万ドルとなり、最終利益は同34%増の7億100万ドルとなったようです。

月間利用者数は130億9,300万人

フェイスブックの快進撃が続いていますね。

月間利用者数も前年同期比で13%増の13憶9,300万人にまで増えており、今や数あるウェブサービスの中でもフェイスブックを知らない人の方が少ないのではないでしょうか?

情報ネットワーク

ただ、最終利益は前年同期比で増えているものの、2014年7月~9月期と比較すると減少しています。その理由は研究開発や市場調査の費用がかさんだことにあるようです。

利益は、新たな投資が増えるとどうしても減少してしまいます。不採算部門が原因で利益が圧迫されているのなら問題でしょうが、フェイスブックにはそのようなことは今のところなさそうです。

今後も利用者数が増え続ければ売上高も伸びるでしょう。そうすれば、利益も今以上に多くなるに違いありません。

 

フェイスブックの主要な収益源は広告です。世界13億人にアプローチできるのですから、広告主にしても宣伝効果が高そうです。ユーザーがどのようなことに興味や関心を持っているのかも分析しやすいですから、やみくもに人気サイトに広告を出稿するよりも費用対効果は良いでしょうね。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加