2015年のゴールデンウィークはバンコク行きの海外航空券が人気


株式会社ジェイティービーが、3月24日のプレスリリースで、2015年度のゴールデンウィーク期間(4月25日~5月5日出発)の海外航空券及び海外ホテルのインターネット予約状況を発表しました。

それによると、3月11日時点で、海外航空券も海外ホテルも人気都市第1市となったのはバンコクでした。

2014年に引き続きの海外航空券1位

今年のゴールデンウィークの旅程は、連休の後半(5月中出発)を絡めたものが全体的に多いとのこと。2015年は5月2日~6日までの5日間が休みとなりますからね。

バンコクが、海外航空券での人気都市1位になったのは昨年に引き続いてです。

青空

でも、ホテルは昨年は12位でした。今年、海外航空券もホテルもバンコクが1位になったことには何か理由があるのでしょうか?

海外航空券はアジアが人気

海外航空券の都市別人気ランキングは以下の通りです。

  1. バンコク(1位)
  2. ホノルル(3位)
  3. ソウル(2位)
  4. 台北(7位)
  5. グアム(5位)
  6. 上海(4位)
  7. パリ(6位)
  8. セブ(33位)
  9. マニラ(16位)
  10. 香港(9位)

カッコ内は昨年のランキングです。

このランキングを見ると、ゴールデンウィークの海外旅行はアジアが人気のようですね。また、ホノルルやグアムがランクインしていることから、南の島も人気が高いようです。

ゴールデンウィークは、連休とは言え長期のまとまった休みを取れない人もいるでしょう。それを反映してか、近場のソウルや台北が上位に入っていますね。

 

ゴールデンウィークは海外旅行もいいですけど、京都も意外と見るものが多い季節です。ツツジ、藤、芝桜など、初夏の草花がきれいな観光名所もありますから、海外旅行に行けるだけのまとまった休みが取れないという方は、京都旅行を企画されてはいかがでしょうか?


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加