保険市場が日新火災海上と代理店契約を締結し賃貸家財総合保険の取り扱いを開始


インターネットで、様々な保険を比較できる保険市場を運営する株式会社アドバンスクリエイトが、日新火災海上保険株式会社と2014年10月10日に代理店委託契約を締結しました。

これにより、保険市場では、日新火災海上が取り扱っている賃貸家財総合保険「お部屋を借りるときの保険」の販売が同日より行われています。

グッドデザイン賞受賞の賃貸家財総合保険

近年、損害保険や生命保険の加入にインターネットを利用している人が増えています。

ネット上で様々な保険を比較するのに便利なのが保険比較サイト。保険市場もその中のひとつで、保険選びの参考にされた方も多いのではないでしょうか?

窓際

今回、保険市場で販売開始された「お部屋を借りるときの保険」は、2014年度グッドデザイン賞を受賞した保険です。

自分に合った保険を選べる賃貸入居者用の火災保険

現在、賃貸入居者用の火災保険は、賃貸契約と同時に不動産会社を通じて加入するのが一般的になっています。

賃貸契約と保険契約を別々にするのは面倒という入居者にとっては、不動産会社がすすめる火災保険に加入する方が手間もかからず便利です。しかし、一方で、入居者の実情に合わない契約がなされることもあり、無駄な特約を付けてしまったという人も多いですね。

 

「お部屋を借りるときの保険」は、利用者の利便性やコスト削減を追求した保険となっています。入居者はインターネットで自分が必要とする補償内容を選んで契約できるので、保険料を節約できるだけでなく、手間を大幅に減らせます。

人生において、引っ越しをする機会はそれほど多くありません。

だから、賃貸入居者用の火災保険については、ついつい不動産会社任せになってしまい、気づけば長期間にわたって無駄な保険料を払っていたなんてことも起こりえます。

何度も契約するものではないのに長期間契約し続けなければならない火災保険だからこそ、納得できる保険を選びたいもの。「お部屋を借りるときの保険」がグッドデザイン賞を受賞したのは、そういった入居者の気持ちを汲み取ったサービスとなっていることが理由なのでしょう。

 

災害の多い日本だからこそ、損害保険は慎重に選びたいですね。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加