2014年に日本に訪れた外国人は1,341万人を突破!台湾の観光客に感謝。


2014年に日本を訪れた外国人が過去最多の1,341万人になりました。

日本国内で使ったお金も2兆3千億円を超えたそうで、たくさんの外国人の方が日本にお金を落としていってくれました。ありがたいことです。

最も多かったのは台湾からの旅行者

2014年に日本に訪れた外国人の国籍で最も多かったのは中国だと思うでしょうが、そうではありません。なんと台湾からの旅行者が282万人でトップなのです。

昔から台湾には親日の方が多いと言われていますが、このデータを見るとやはりそうなんだと再確認できますね。

伸び率も昨年から28%もあり、今後も台湾からたくさんの旅行者が日本に来てくれそうです。感謝しなければなりません。

なお、観光庁調べによると、訪日客数のトップ10は以下のとおりです。

  1. 台湾:280万人
  2. 韓国:275万人
  3. 中国:240万人
  4. 香港:92万人
  5. 米国:89万人
  6. タイ:65万人
  7. 豪州:30万人
  8. マレーシア:24万人
  9. シンガポール:22万人
  10. 英国:22万人

アジアから起こしの方が多いですね。韓国と中国は反日感情が強そうなのですが、意外と日本好きの方が多いようです。特に中国は前年比で83%の伸びとなっています。急激な円安と中国の富裕層の拡大が日本に足を運んでくれる理由なのでしょうか?

京都でも外国人旅行者の姿が多くなっている

去年は京都でも外国人旅行者の方を目にする機会が多かったですね。

金閣寺のような有名観光地では、特にその傾向が強く、中国語を話している方が非常に多いです。

金閣寺

中国語を話している方は全員中国人だと勝手に思っていましたが、おそらく、半分は台湾からお越しの方のはず。今年も台湾や中国からたくさんの旅行者に来ていただきたいですね。

2014年の秋から京都市内の免税店も目立つようになってきましたから、観光だけでなく買い物目的での訪日も今後ますます増えていくことでしょう。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加