バンコクは空港から都市中心部まで最も手ごろな料金で移動できる観光地


ホテル予約サイトのHotels.comが、調査可能な世界中の29の主要空港から都市部までの最善の移動手段を独自に調査した結果を12月12日のプレスリリースで発表しました。それによると、空港から都市中心部までタクシー料金が最も手頃だったのはバンコクとのこと。

たったの877円で都市中心部へ

バンコクは、主要空港から市内までタクシーで約877円(8ドル)で行けるようです。移動距離が27kmなので、これはお手ごろな料金と言えるでしょう。

道路

初めて訪れる観光地の場合、タクシーやハイヤーといった移動手段を選択することが多いことでしょう。安心ですからね。

でも、費用面を考えるとタクシーもハイヤーもどうかなと思ってしまいます。でも、バンコクのように877円で都市中心部まで行けるのであれば積極的にタクシーを利用するのもありですね。

意外とタクシー利用が安上がり

同プレスリリースを見ていると、意外とタクシー利用が安い国がありますね。

  • 北京:約1,645円(約15ドル)
  • メキシコシティ:約1,755円(16ドル)
  • シンガポール:1,864円(17ドル)
  • リオデジャネイロ:2,084円(19ドル)

日本よりも物価が安いということもあり、アジアや南米の国ではタクシー利用がお手頃のようです。

とは言え、メキシコシティのメトロは約41円(0.37ドル)、シンガポールのMRTは約110円(1ドル)となっており、タクシーとの比較では圧倒的に割安です。

2回、3回と旅行して慣れている国であれば、わざわざタクシーやハイヤーを使わず、その国で一般的な公共交通機関を利用した方が良いかもしれませんね。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加