長崎・ハウステンボスが2年連続でイルミネーションアワードで1位に選出


長崎のハウステンボスが、一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューローが開催する第2回イルミネーションアワードで1位に選出されました。ハウステンボスが受賞するのは2年連続です。

夜間鑑定士4,300人が選出

イルミネーションアワードは、全国の夜間鑑定士4,300人に「全国行ってみて良かった冬季イルミネーション」アンケートの投票結果に基づいてランキングしています。なので、素人が適当に選んだとか、組織票で上位に持ってきたということはないはず。

夜間鑑定士は、日本夜景遺産事務局が2008年11月から実施している検定試験に合格した専門家です。現在、試験は7回実施されており、4,300名の夜景鑑賞士がいるそうです。

ちなみにハウステンボスの10月31日のプレスリリースによると、1位から5位までのランキングは以下の通りです。

  1. ハウステンボス 「光の王国」 (長崎県佐世保市)
  2. 東京 ドイツ村 ウィンターイルミネーション(千葉県袖ヶ浦市)
  3. 大阪・光の饗宴 (大阪府大阪市)
  4. ユニバーサル・ワンダー・クリスマス (大阪府大阪市)
  5.  ぐんまフラワーパーク(群馬県前橋市)

世界最大級のイルミネーション

さて、ハウステンボスでは、2014年10月31日(金)から2015年4月13日(月)までの期間に「光の王国」を開催します。

ハウステンボスのホームページ

ハウステンボスのホームページ

このイベントは、世界最大級となる1,100万球超のイルミネーション展開で、東京ドーム33個分の面積を持つテーマパーク内の各所でイルミネーションを楽しめます。

光の王国パレードでは、入場者は見るだけでなく、光の自転車や光のトレインに乗ってパレードに参加できます。愉快なキャラクターや巨大なモンスターたちと一緒に光の王国をパレードできるそうなので、ご家族やカップルで訪れると忘れられない思い出になることでしょう。

 

ハウステンボスのホームページを見ていると、他に類を見ない規模でイルミネーションが行われるようなので、その他のテーマパークは太刀打ちできそうにないですね。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加