iPhone6/6 Plusを使うならネットワーク速度1位のKDDI(au)にすべき?


iPhone6/6 Plusが発売されて1ヶ月が経ちました。調査・マーケティング会社の株式会社イードが、10月24日にNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルのネットワーク速度を比較した結果をレポートとしてまとめ公表しています。

それによると、KDDI(au)が全国、7地方、7大都市で1位ということです。

7大都市全てでKDDI(au)が1位

同社のプレスリリースによると、スマートフォン向けのスピード測定アプリ「RBB TODAY SPEED TEST」のユーザーがiPhone 6/6Plusにて計測したデータよりNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルのネットワーク速度を比較したとのこと。

speed.rbbtoday.comのホームページ

speed.rbbtoday.comのホームページ

それによるとKDDI(au)の全国の平均スループットは34.4Mbpsで1位となっています。また、7地方でも1位だそうです。

2位は、ソフトバンクモバイルの32.1Mbps。auとほとんど変わりません。3位のNTTドコモは22.4Mbpsと先の2キャリアと比較すると、かなり劣っていますね。

電波が込み合う札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の7大都市でもKDDI(au)が優位となっています。

47都道府県で39勝

また、47都道府県別での平均スループットの比較では、KDDI(au)が39の都道府県で最速を記録。2位のソフトバンクモバイルの8勝に大きく差をつけています。この2キャリアで全国1位を占めているので、もちろんNTTドコモは全敗です。

一昔前までは、携帯電話と言えばドコモのイメージがありましたし、ユーザー数も圧倒的に多かったのですが、現在では三つ巴となり、iPhone 6/6 Plusに限れば、他の2キャリアと比較してドコモを利用するメリットはないように思います。

 

なお、今回の調査サンプル数は全国174,276件、期間は2014年9月19日から10月18日までです。対象通信方式はLTE(WiMAX 2+、AXGP含む)です。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加