コクヨが「嵐電フォルムカードセット」を発売。桜のトンネルもあり。


コクヨグループのポスタルスクウェア株式会社が、日本郵便株式会社近畿支社と提携し、京福電気鉄道株式会社の車両をモチーフにした「嵐電フォルムカードセット」を京都府内の郵便局218局(一部の簡易郵便局を除く)で10月14日から販売します。

京都市内を走る路面電車「嵐電(らんでん)」がどのように描かれているのかとても気になります。

京都の街を走る嵐電がモチーフ

嵐電フォルムカードセットは、京都の街を走る嵐電がモチーフとなっています。

嵐電

嵐電は、主に京都市右京区を走っており、嵯峨野や花園などの名所めぐりに多くの観光客が利用します。

嵐電フォルムカードセットのセット内容は、嵐電の車両をモチーフにしたフォルムカード4枚、ミニカード1枚で、台紙表面にはこのセットの絵柄の車両の紹介、嵐電の主な歴史が紹介されています。また、台紙中面には、嵐電の路線図マップも付いているとのこと。

嵐電と言えば、春に満開の桜のトンネルを走る姿がすぐに頭に思い浮かびます。もちろん、そのイラストが描かれたフォルムカードもセットに入っているので、嵐電ファンの方だけでなく京都好きの方にも喜ばれることまちがいないでしょう。

販売は店頭のみ

嵐電フォルムカードは、先ほども述べたように京都府内の郵便局で販売されます。店頭での販売のみなので、京都府以外にお住まいの方は、京都観光の時にお土産として買って帰ると良いでしょう。

お値段は1セット900円(税込)です。

詳しくはコクヨのホームページでご確認ください。

 

「全国都道府県・ご当地フォルムカード」は、2009年9月に第一弾が発売されたのが最初で、2014年4月までの間に第六弾までが発売され、累計販売枚数約380万枚(2014年8月現在)に達しているとのこと。

特に人気が高いのが鉄道をモチーフにしたご当地フォルムカードだそうで、今回の嵐電フォルムカードも人気が出るに違いありません。販売セット数がどれくらいなのかわかりませんが、売り切れる可能性もあるので、できるだけ早く購入された方が良いでしょう。

ちなみにフォルムカードは120円切手を貼れば郵送できます。京都好きの方や電車好きの方に送ると喜ばれそうですね。

なお、全国都道府県・ご当地フォルムカードの詳細は、公式ホームページをご覧になってください。

  • ご当地フォルムカード|POSTA COLLECT|郵便局のポスタルグッズ

お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加