第61回「シェフの饗宴 in KYOTO」が10月1日から始まる


10月1日から京都駅周辺の8ホテルが共同で企画しているシェフの饗宴 in KYOTO「グルメストーリーvol.29」が開催されています。参加しているのは、京都新阪急ホテル京都センチュリーホテル京都タワーホテル京都東急ホテル新・都ホテルホテルグランヴィア京都ホテル京阪京都リーガロイヤルホテル京都です。

ランチは2,500円から

公式ホームページで企画の内容を確認したところ、ランチは2,500円、3,000円、3,500円、4,000円の価格帯となっており、ディナーは5,500円、6,000円、7,000円、7,500円、10,000円となっています。

シェフの饗宴 in KYOTO

シェフの饗宴 in KYOTOのホームページ

ランチもディナーも、最もお高くなっているのが京都センチュリーホテルですね。

リーズナブルなのは、京都タワーホテルとホテル京阪京都。

食事は、値段だけで決めるものではなく、何を食べたいかが重要。京都新阪急ホテルと京都センチュリーホテルは鉄板焼、新・都ホテルは中国料理、ホテルグランヴィア京都は日本料理、その他はフレンチですかね。

8ホテルの中で私が食事をしたことがあるのは、京都タワーホテル、ホテルグランヴィア京都、リーガロイヤルホテル京都です。利用したことがあると言っても、ほとんどが宴会での利用なので、今回の企画の対象となっているレストランで食事をしたわけではないのですが。

さすがに京都駅周辺で有名なホテルというだけあって、どこも普段では食べれないような料理ばかりで満足できましたよ。

スタンプラリーもあり

シェフの饗宴 in KYOTO「グルメストーリーvol.29」では、スタンプラリーも行われています。500円で1ポイント分のスタンプをもらえます。賞品は以下の通りです。

  • 150ポイント=10,000円相当のお食事券1枚とプレミアムドリンク
  • 100ポイント=10,000円相当のお食事券1枚
  • 50ポイント=次回「春の京」ランチ券2枚
  • 25ポイント=次回「春の京」ランチ券1枚

狙うなら、50ポイントのランチ券2枚でしょうか。25,000円分の食事なら12月30日までに達成できそうですね。

何か親族一同の集まりがあれば、一気にポイントを貯めることができそうです。その時は、率先して幹事になって、こっそりとポイントをゲットしましょう。150ポイント貯めるのに75,000円かかりますが、グループで利用すれば、そんなに難しくなさそうです。

 

スタンプラリーに関係なく、どのホテルのランチもディナーも、とても美味しそうなので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加