2015年のお花見おすすめスポットに京都は原谷苑、平安神宮、円山公園が選ばれる


フォートラベル株式会社が、2月18日のプレスリリースで、同社が運営する旅行のクチコミと比較サイト「フォートラベル」で「日本全国お花見おすすめスポット 2015」の特集を開始したことを発表しました。

その特集ページで、京都の桜の名所は原谷苑、平安神宮、円山公園が掲載されています。

八重紅枝垂れ桜が咲き乱れる原谷苑

原谷苑を選んだところにフォートラベルのセンスを感じますね。

原谷苑は、京都市北区にあります。

敷地内には、様々な種類の桜が植えられているのですが、中でも、八重紅枝垂れ桜が非常に多く、見ごろ時期には濃い桜色が一面を埋め尽くします。

原谷苑

桜だけでなく春の草花もたくさん見ることができるのも、原谷苑の特徴ですね。

原谷苑は、桜の開花状況に合わせて入場料が変動します。最も安い時期は300円ですが、最高に桜が美しい時期はなんと1,500円もします。高いと思うかもしれませんが、1,500円払って入場できたときは、最もきれいな桜を見られるということなので、むしろ喜ばなければいけません。

京都の桜の名所はたくさん訪れたという方でも、原谷苑の存在を知らない方は多いはず。この春はぜひ原谷苑にお花見に行ってください。

平安神宮と円山公園

平安神宮も原谷苑と同じく八重紅枝垂れ桜の名所として知られていますね。

平安神宮には、境内を囲むように神苑が設けられており、南神苑や東神苑にたくさんの八重紅枝垂れ桜が植えられています。特に東神苑は大きな池に映り込む八重紅枝垂れ桜も見事ですね。

また、円山公園は、大きな枝垂桜が公園のシンボル的存在となっています。最近は、元気がなくなってきて多くの花を咲かせないこともありますが、それでも存在感は失われていません。

他にも公園内には、枝垂れ桜やソメイヨシノがたくさんあります。無料でお花見できるとあって多くの観光客が訪れます。

ただ、酒盛りをしている人もいて、雰囲気を悪くしているのがちょっと残念ですね。

 

春の京都はどこに行っても桜でいっぱいです。ぜひ、お花見に京都にお越しください。

  • 日本全国お花見おすすめスポット[北陸・東海・近畿編] – フォートラベル

お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加