Windows10が2015年後半に発売。オフィスの更新も無料に。


米マイクロソフトが、9月30日に次世代OSのWindows10を発表しました。

今回のOSは、スマートフォンでもパソコンでも同じ画面というのが特徴です。現在のWindows8から「9」を飛ばして「10」にしたのは、「8」から大きく飛躍したことを表現するためだとのこと。

各種サービスが改善

マイクロソフトは、Windows10の発表が理由なのかはわかりませんが、最近、自社サービスの改善を行っています。

10月になって同社のポータルサイトであるMSNのトップページがこれまでのデザインから一新され、見た目がガラッと変わりました。

MSN japanのトップページ

MSN japanのトップページ

これまでのデザインは、Yahoo! JAPANやgooなどのポータルサイトと同じようなデザインだったのですが、新しいMSNは他のポータルサイトと比較すると、かなりシンプルになったように思えます。

 

また、Windows10を意識したのか、デバイスの画面の大きさに合わせて横幅が可変するレスポンシブデザインとなっています。

試しにブラウザの横幅を縮めてみたら、3カラムから2カラムに横幅が狭まりました。

レスポンシブデザイン

 

今は、検索はグーグル、ニュースはヤフーを利用しているという方が多いでしょうが、新しくなったMSNを見れば、検索もニュースもMSNを使ってみようかなと思うのではないでしょうか?

オフィスの自動更新が無料

さらに日本マイクロソフトは、10月1日に「オフィス」の新サービスを発表しています。オフィスは、表計算ソフトのエクセルや文章を書くのに便利なワードを始めとした業務用ソフトで、Windowsユーザーなら当たり前のように利用しているソフトです。

これまでは、新バージョンのオフィスが出るたびに新しく買い替える必要がありましたが、17日以降に買ったパソコンに入っている新サービスのオフィスでは、新バージョンのアップグレードが永続的に無料でできるようになります。更新は自動なので手間もいりません。

 

最近は、アップルに押され気味のマイクロソフトですが、Windows10の発売で勢いを盛り返すかもしれません。

「8」で廃止された左下のスタートボタンも復活するようなので、オールドファンにとって「10」は今よりも使い勝手が良くなりますね。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加