MUJI×UR団地リノベーションプロジェクトに11団地14プランが加わり入居申し込み開始


独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)と株式会社MUJI HOUSEが、2012年6月に立ち上げた「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」に東京2団地、千葉2団地、埼玉1団地、名古屋2団地、神戸1団地の新規8団地が加わり、2015年1月24日(土)より、計11団地14プランの入居申し込みが全国一斉に開始されます。

団地の持つ様々な可能性を活かしたプロジェクト

「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」は、UR都市機構と株式会社MUJI HOUSEが連携して始まったプロジェクトです。

MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト

MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト

コンセプトは、「こわしすぎず、つくりすぎない」というもの。団地の持つ、古きよき歴史をいかしつつ、これからも多くの人に長く心地よく住みつないでもらおうという取り組みを行っています。

団地と聞くと、昭和の古いイメージがありますが、最近では若い人にも人気があるようですね。

日本全国にはたくさんの団地があり、空室も目立ち始めています。今後、MUJIxUR団地リノベーションプロジェクトにより、生まれ変わる物件が増えていくことでしょう。

MUJI×URリノベーションパーツ

また、リノベーションだけではなくDIYなどに活用できるURと無印良品が共同で開発した「MUJI×UR共同開発商品」もあります。「持出しキッチン」や「半透明ふすま」といったアイテムを使って自分らしい部屋に編集することができるようですよ。

MUJIxUR団地リノベーションプロジェクトで、団地の再利用が進み地域が活性化することを期待します。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加