ニュージーランド航空が日本からのニュージーランド渡航者を倍増する計画


ニュージーランド航空は、1月16日のプレスリリースで、ニュージーランド政府観光局と4月~10月の日本からの渡航者拡大を目指し、同日からキャンペーンを開始することを発表しました。

同社のプレスリリースでは、日本からのニュージーランドの渡航者を2019年までに倍増させることを目標の一つに掲げているそうです。

キャンペーンは2月28日まで

今回のキャンペーンは、4月~10月までの期間に7千人以上の渡航者の増加を目指したもので、燃油サーチャージ・諸税込総額88,000円~というオークランド往復の特別運賃を提供します。

空

なお、特別運賃の販売期間は2月28日までです。

日本・ニュージーランド就航35周年

2015年は、日本・ニュージーランド就航35周年ということもあり、ニュージーランド航空は、日本への投資を強化しているそうです。今回の合同キャンペーンもその一環とのこと。

また、昨年12月より最新鋭機ボーイング787-9ドリームライナーを日本路線に投入し、独自開発・設計のエコノミー・スカイカウチ、より寛げる空間を提供する新しいプレミアム・エコノミー、フルフラットになるビジネス・プレミアの各座席など、最新の機内設備で快適な空の旅を満喫できるようになっています。

こういったことを知ると、ニュージーランド航空がいかに日本市場に大きな期待を持っているかがわかりますね。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加