オムロンがLEDの光をシートに当てるだけで3D映像を映し出す技術を発明。将来的にはスマホに実装?


10月2日に京都市下京区に本社を置く電子機器最大手のオムロンが、「透明プレート型空間投影技術」を世界で初めて実現したことを発表しました。

同社のニュースリリースによれば、LEDの光を透明なプレートまたはシートから出射させ、3次元の静止映像を空間に投影することができるようです。

空中に浮いているかのような映像

透明なプラスチックの板にLEDの光を当てるだけで3次元映像が浮かび上がるという新技術は、今後、様々な場面で目にすることになるでしょう。

例えば、お店のショウウインドウに実際の商品を置かなくても、ガラスの表面にLEDの光を当てるだけで商品の画像を映し出すことができます。しかも、立体に映し出されるので、まるで、目の前に実物があるかのように見せることが可能。

光とクリスタル

 

現在は、静止画しか映し出すことができないようですが、技術が進歩すれば動画も映せるようになるのではないでしょうか?そうなると、ショウウインドウの中で、商品を360度回転させて全体を見せることもできますね。

オムロンのニュースリリースでは、立体表示看板、蛇口の回転方向、非常口の矢印表示などが利用例として紹介されています。

従来は、3D映像をつくるために専用のレンズや投影装置が必要となり、投資に数万円から数十万円かかっていましたが、プラスチック板なら低コストでの大量生産が可能なので、利用者の費用負担もかなり抑えられそうです。

なお、「透明プレート型空間投影技術」は、2014年10月7日(火)から11日(土)まで、幕張メッセで開催される「シーテックジャパン2014」で展示されるということなので、気になる方は、シーテックジャパンのホームページで事前登録すれば実物を見ることができますよ。

折りたためるスマートフォンができるか?

今回発明したシートは薄くて軽く、折り曲げることもできるようです。

折り曲げることができるということは、携帯電話の画面に使えば、ガラケーのような折り畳み式のスマホが造れるかもしれません。

まだ静止画だけしか映せないようですが、動画も映せるようになれば実現可能でしょう。まるで手帳を開くように左右にスマホを広げながら操作する若者やビジネスパーソンの姿を電車の中で見かけるようになる時代がやってきそうです。

 

余談ですが、オムロンの社名は、本社が以前、右京区の御室(おむろ)にあったことが由来だそうです。御室と言えば、世界遺産の仁和寺が有名ですね。

仁和寺の五重塔

仁和寺の五重塔

きっと「透明プレート型空間投影技術」を使って、実物大の仁和寺の五重塔が映し出される時がやって来るはず。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加