楽天銀行が法人向けに海外からの送金受取サービスを開始。受取手数料は1件2,000円。


楽天銀行が、10月20日から海外からの送金の受取をインターネットで完結できるサービスを開始しました。

このサービスは、法人限定で、手続きは24時間インターネットで完結でき、しかも、受取手数料は1件あたり2,000円と使い勝手が良くなっています。

入金の到着案内から最短で当日に受取可

今回、新たに導入されたサービスは楽天銀行にすでに法人ビジネス口座を持っていれば、どの企業も申し込みせずに利用できます。しかも、入金の到着案内から最短で当日に口座へ入金してくれるスピード対応とのこと。

ドル

楽天銀行は、2011年から海外への送金サービスを行っていましたが、受取サービスはこれまで行っていませんでした。

手数料の安さとネットでの簡単な手続きが利用者に受けて、送金サービスが人気があったことから、受取サービス開始を求める声も多数あったようです。

受取は外貨と円貨の両方を選べる

海外からの送金は、外貨でも円貨でも受け取ることができます。

取扱通貨は、アメリカドル、ユーロ、オーストラリアドル、イギリスポンド、ニュージーランドドル、南アフリカランド。

また、円貨に交換して入金する場合には、所定の為替手数料が発生します。例えば、アメリカドルだと100銭の為替手数料となっていますが、すでに円貨の換算に適用するレートに含まれているので、適用レートに上乗せされて追加で為替手数料を支払う必要はありません。

 

現在は、海外からの送金受取サービスは法人だけが利用できますが、個人でもネットオークションなどで輸出入を行う時代ですから、そのうち個人向けサービスも開始されるかもしれませんね。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加