新幹線は乗り心地の良さと安全性を重視する人が多い


春の行楽シーズンに合わせるように3月14日に北陸新幹線が開業します。

楽天リサーチ株式会社が、2月27日にプレスリリースで、「北陸新幹線開業(2015年3月14日開業)」に関するインターネット調査を実施した結果を発表しました。

その中で、新幹線で重要視するポイントを質問した項目があり、「乗り心地の良さ(揺れの防止、騒音の防止等)」と「安全性(防犯カメラ設置等)」を重視すると回答した割合が高かったそうです。

なんだかんだ言っても乗り心地と安全性が重要

新幹線の設備やサービスについては、「座席の広さ」「トイレの快適さ」「乗務員のサービスの良さ」「全席、電源コンセントの配備」「駅弁」「車内販売」「プレミアムシート(ファーストクラスのような特別席)」といった項目もアンケートにありました。

どれも重要ではありますが、「乗り心地」が重要であると答えた人は54.2%、「安全性」が重要と答えた人が44.2%もいたことを考えると、なんだかんだ言っても、乗り物に対しては、こういった基本的な項目を重視する人が多いんですね。

女性は男性よりも安全性を求める

さらに安全性に関しては、男性が36.4%なのに対して女性は52.0%が重視すると回答しています。15ポイント以上も差があるとは意外です。

それにしても、男性は3分の1の人しか安全性を重視していないんですね。乗り物に乗るときは安全性を最も重視すべきだと思うのですが。

また、乗り心地に関しても男性は49.6%、女性は58.8%が重視すると答えており、こちらの項目も男性よりも女性の方が大きな関心を示しています。

アンケートの調査項目に関しては、9項目中8項目で女性の方が男性よりも重視していると答えていました。男性が女性よりも重視する項目は「全席、電源コンセントの配備」で20.8%でした。ちなみに女性は19.4%です。

若い層ほど電源コンセントを必要としている

アンケート結果を見ていると、「全席、電源コンセントの配備」を重視しているのは、男女とも20代が突出しています。

男性20代は35.0%、女性20代は38.0%となっています。他の年代になると10%台や20%台となっており、60代になると10%未満の方しか電源コンセントを重要だとは考えていません。おそらく若い層ほど、スマホの充電だとかノートパソコンやタブレットの使用が多いのでしょうね。

せっかく新幹線に乗って、普段、あまり見ることのない景色を見れるのですから、スマホやパソコンばかり操作せず車窓の景色を楽しんでほしいものです。

桜

出張で新幹線を利用する場合は、早朝からの乗車になるので、走っている間は寝るという方が多そうですね。

車窓から眺める景色も旅の醍醐味なのですから、スマホばかり見たり、眠ってばかりいるともったいないですよ。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加