首都圏の不動産価格が7四半期連続でプラスに


野村不動産アーバンネット株式会社が1月15日のプレスリリースで、2015年1月1日時点の「住宅地価格動向」「中古マンション価格動向」の調査を実施した結果を公表しました。

それによると、首都圏の「住宅地価格」・「中古マンション価格」共に、平均変動率は7四半期連続でプラス、上昇幅は、7四半期中で最大となったようです。

住宅地価格は35.5%が値上がり

2014年10-12月期は、首都圏の住宅地価格が0.9%の平均変動率となっています。目を引くのは、値上がりを示した地点が35.5%あり、前回調査時の25.5%を大幅に上回っていることです。

東京

ただ、値下がり地点が5.9%で前回調査時点の1.3%よりも上昇しているのが気になります。

エリア別の平均変動率では千葉を除いてプラスとなった模様。

中古マンション価格の値上がりは33.5%

中古マンションも住宅地と同じように値上がりを示した地点が33.5%と前回調査の21.7%と比較して大幅に増加しています。しかし、値下がり地点が前回調査の3.2%から10.1%と増えており、こちらも住宅地同様に気になりますね。

なお、中古マンション価格は全エリアで平均変動率がプラスとなっています。

 

住宅地も中古マンションも値上がりしている地点が増えていることから、首都圏の景気が上向いているのでしょうね。地方の不動産価格がどうなっているのかわかりませんので、日本全体の景気がよくなっているのかどうかはわかりませんが。

それでも、首都圏が元気になればその影響が地方にも波及するはずです。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加