会社を辞めるのに1億円必要と考えている人が5割弱もいる現実


全研本社株式会社が運営するウェブサイト「瓦版」に「フリーランスで年収500万円」か「独立起業で年収1000万円」か、会社を辞める場合、どちらの道を選択するかのアンケート結果が掲載されていました。

それによるとフリーランスを選んだ人の割合が56%で、独立起業を選んだ割合は44%だったそうです。

リスク回避型の会社員が多い

どちらの選択肢もほぼ同程度なので、はっきりと言い切ることはできませんが、会社員の方は、リスク回避型でお金よりも自由を重視している傾向にあるようですね。

ビジネスマン

最近では、仕事ばかりよりも余暇を充実させたいという人も多いようですから、このアンケート結果にも納得するところがあります。また、現在、会社員であるということは安定収入に魅力を感じているということでしょうから、起業して収入が不安定になることに不安を感じるのかもしれません。

定年退職までに1億円の貯蓄ができているのか?

興味深いのが、「いくらあれば会社をやめますか?」という質問です。回答結果を以下に示します。

  • 5億円以上:6%
  • ~5億円:18%
  • ~1億円:20%
  • ~5000万円:9%
  • ~2000万円:7%
  • ~1000万円:9%
  • ~500万円:17%
  • ~200万円:5%
  • ~100万円:9%

なんと会社員の44%が貯蓄額1億円以上なければ会社を辞めないそうです。これは、それだけ今の会社の仕事にやりがいを感じているということなのでしょうか?それなら、非常に素晴らしいことですね。

でも、中にはそうでない人もいるでしょう。安定収入の魅力を捨てるのですから、その代償は1億円だと考えているのかもしれません。

しかし、そもそも定年退職までに1億円の貯蓄は極めて難しいのではないでしょうか?

また、50万円と回答した人は「倹約すれば半年食いつなげる」と述べていたそうです。これは、かなりの倹約家ですね。自給自足でやっていけるスキルを持っているのかもしれません。

 

瓦版のアンケート結果を見ていると、日本人は、まだまだ寄らば大樹の陰といった考え方が根強いようですね。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加