土地活用を始めたきっかけなどのコラムが読める不動産投資の参考になるウェブサイト


大和ハウス工業株式会社が2014年7月1日にオープンした土地活用シンクタンクサイト「土地活用総研」にコラム4本とレポート1本が追加されたということなので、ちょっと目を通してみることに。

気になったのは、土地活用をされている方が、どのようなきっかけで賃貸住宅経営を始めたのかというコラムでした。

土地の有効利用が土地活用の理由

土地活用をされている方に「賃貸住宅経営をはじめたきっかけ」のアンケートを行った結果、最も多かったのは「土地の有効利用」で回答者の32.6%を占めていました。次いで、「相続税対策」が26.3%となっています。

ビル

このアンケート結果を見て感じたのは、土地の有効利用も相続税対策も、すでに土地を持っている人であり、両者の合計が全体の約60%を占めているということ。

その他の回答結果には、安定収入の確保(14.6%)、老後の収入対策(7.7%)などがありました。この中には、不動産を新たに取得された方も入っているでしょうね。でも、建て替えと答えた方が10.1%いるので、回答者全体を見ると、すでに土地を持っている人が賃貸住宅経営を始めるケースが多いようです。

賃貸住宅経営で重視すべき点

他に「賃貸住宅経営を始めるに際して重視した事」についてもアンケートが行われています。

複数回答ということですが、上位に入っているのは、収益性(14.5%)、借入金の条件・金額(10.8%)、会社の信用度(11.7%)、税務対策(8.6%)などです。これらを見ていると、賃貸住宅経営においては、収益性の高さ、コスト負担の少なさ、そして、安定感を重視しているようです。

不動産への投資は、その額が大きくなるので、やはり、この辺りを厳しく評価して、投資すべきかどうか判断しなければなりません。

 

なんとなく土地活用を始めてみようかという動機だと、おそらく失敗することでしょう。うまくいっても、それは偶然でしかありません。

土地活用を検討中の方は、様々な情報を集めて慎重に結論を出した方が良いでしょう。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加