トヨタが2015年3月期の連結業績予想を上方修正。売上高は27兆円に。


トヨタ自動車が、2月4日に2015年3月期の連結業績予想を上方修正しました。

それによると従来予想と比較して、売上高は5.1%増の27兆円、営業利益は17.8%増の2兆7000億円、最終利益は6.8%増の2兆1300億円になるようです。

コスト削減や投資効率の改善が好業績につながった?

2015年3月期のトヨタの業績が好調な理由は、円安による影響も大きいのですが、その他に海外販売の増加といった要因もあります。

道路

長期的に見ると、リーマンショック後から進めてきたコスト削減や投資効率の改善も好業績に貢献しているようです。

日本を代表する製造業のトヨタが元気なことは、日本経済の回復に大きく貢献することでしょう。

また、これだけトヨタの業績が良いのですから、今春、トヨタ関連企業や下請けの賃上げも期待できそうですね。

2014年4~12月決算

トヨタ自動車の2014年4~12月期の決算内容は以下のとおりです。

  • 売上高:20兆1156億円(前年同期比5.2%増)
  • 営業利益:2兆1148億円(前年同期比13.9%増)
  • 最終利益:1兆7268億円(前年同期比13.2%増)

こちらも前年同期比で大幅に業績が良くなっていますね。

まだ2015年3月の決算を迎えてはいませんが、トヨタ自動車の売上も利益も過去最高となることは間違いなさそうです。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加