通院が主流のガン治療に対応した終身ガン保険をチューリッヒが販売開始


チューリッヒ生命が、11月5日に「終身ガン治療保険プレミアム」を新発売しました。これまでのガン保険は、入院や手術の保障が主契約になっているものが一般的でしたが、今回チューリッヒ生命が新発売した保険は抗がん剤や放射線の治療を通院により行うケースに対応したものとなっています。

3つの主な特徴

「終身ガン治療保険プレミアム」には、放射線、抗がん剤治療等を受けたとき回数無制限で保障、ガンの治療スタイルに合わせて組み合わせる特約で保障を自由に設計、ガン治療と並行して取り入れられる緩和ケアにも備えられるといった3つの特徴があります。

空と大地

ガン治療は医療の進歩とともにさまざまな選択肢が用意されるようになっています。しかし、ガン保険が従来からの手術や入院を主契約にしたものだけでは、どんなに手厚い契約となっていても、通院での治療だと保障されないことだってあるでしょう。

医療の進歩とともに保険内容も見直されることが、保険に加入する側にとってはありがたいことといえます。

現在、入院や手術を主契約とするガン保険に加入中の方は、抗がん剤等に対応する保障についても検討してみてはいかがでしょうか?


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加