「宇治茶カフェ」スタンプラリーは11月30日まで。他にも秋の宇治茶イベント多数あり。


10月から11月まで「宇治茶の郷づくり月刊」です。山城広域振興局では、お茶のおいしくなるこの時期に宇治茶の魅力を満喫できる様々なイベントを企画しています。

その中でも、「宇治茶カフェ」スタンプラリーは、家族やお友達と一緒に楽しめる企画となっています。

スタンプ1個から応募可能

「宇治茶カフェ」スタンプラリーは、指定の宇治茶カフェ(お店)を1件利用するごとにスタンプを1個押してもらえます。

宇治茶香る秋のやましろ

押印したスタンプの数によって、応募できる賞品の数も増えていくので、できることなら3個押したいですね。

宇治茶カフェは、主に宇治市に多くありますが、京田辺市や長岡京市にもいくつかあります。秋の紅葉シーズンに宇治市の平等院や宇治上神社に観光に出かけた時に利用すると良いでしょう。

応募できる賞品は以下の通りです。

  1. スタンプ1個:宇治茶カフェ利用券1,000円または煎茶100グラム
  2. スタンプ2個:宇治茶カフェ利用券3,000円または玉露100グラム
  3. スタンプ3個:宇治茶カフェ利用券3,000円または抹茶セット(抹茶、茶筅、抹茶椀)

詳細は、京都府のホームページでご確認ください。

その他のイベントや行事

その他にも山城各地で宇治茶関連のイベントが行われます。

10月と11月の毎週日曜日には、八幡市の松花堂で日曜茶席が催され、松花堂忌茶会も行われます。

他にもさまざまなイベントが行われますが、中でも家族連れで楽しめそうなのが、キッズ「茶(ちゃ)ムリエ」検定。「将来の宇治茶ファン」を育てるとともに、子どもの頃からお茶に親しむ「お茶育」を推進するため、小学生(3~6年生)を対象として、コンテスト形式で行われる企画です。参加費は無料です。

キッズ「茶ムリエ」検定は全4回行われます。会場と日時は以下の通りです。

  1. 10月18日(土):13時~16時30分 木津川市中央交流会館(いずみホール) 定員80名
  2. 11月1日(土):13時~16時30分 やわた流れ橋交流プラザ 四季彩館 定員60名
  3. 11月9日(土):13時~16時30分 京田辺市立中央公民館 定員80名
  4. 11月24日(月):13時~16時30分 宇治茶会館 定員80名

キッズ「茶ムリエ」検定の他に茶だんごづくり、おいしいお茶の淹れ方教室も行われます。また、参加賞として「らくやき急須キット」もありますよ。申込み方法や締切日は、京都府のホームページで確認してください。

秋の行楽シーズンに家族そろってどこかにお出かけを考えているなら、「宇治茶の郷めぐり2014」に参加してみてはいかがでしょうか?


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加