ご当地WAONに函館の夜景が登場!函館地産品の販売促進にイオンが協力。


大手スーパーのイオンが発行する電子マネー「WAON」に函館市ご当地WAONカードが登場します。これは、同社の2014年10月6日のニュースリリースで発表された内容です。

はこだてWAONのカード表面には函館の夜景が印刷されており、いつでも財布から取り出して、その美しさを楽しめるデザインとなっています。

地域サービスを受けれる便利なご当地WAONカード

イオンは、これまでも数多くのご当地WAONカードを発行しています。

ご当地WAONのページ

ご当地WAONのページ

ご当地WAONカードは、電子マネーとして利用できるだけでなく、各地域のサービスを受けれる便利なカードです。

例えば、京都の「DO YOU KYOTO?環境WAON」だと、WAONの利用で利用金額の一部が京都府に寄付され、新エネルギーの普及など環境対策に役立てられます。また、「京都・二条城WAON」なら、利用金額の一部が二条城の修理費用に充てられます。

サービス内容は、こういった寄付が多いのですが、「大坂南道頓堀WAON」のようにポイントが貯まるものもあります。

はこだてWAONの発売は10月9日から

はこだてWAONの発売は10月9日からです。

全国のダイエー・グルメシティ283店、北海道のイオン、マックスバリュ、ザ・ビッグ、イオンスーパーセンター102店で販売を開始し、その後、順次全国のイオンで販売されるようです。

初年度販売枚数は3万枚で、カード発行手数料は1枚につき300円となっています。チャージ可能金額の上限は5万円、1回あたりのチャージ限度額は2万9千円です。

今回のはこだてWAONの発行は、「函館市とイオンとの協働のまちづくりに関する協定」によるもので、今後、函館市とイオンの双方が持つ資源を有効に活用し、市民が心豊かに暮らし、夢や希望があふれるみらいのまちづくりに協働で取り組んでいきます。

はこだてWAONを使用して支払った金額の一部は、イオンが函館市に寄付し、函館市が推進する子育て支援に役立てられます。

特別なポイントサービスがあるのかどうかはわかりませんが、普段の買い物で、はこだてWAONを利用するだけで、函館市に寄付できるのですから、社会貢献の一環として持つ価値はあるでしょう。

はこだてWAONに限らず、自分の住んでいる地域のWAONが発行されていれば、積極的に利用することで地域貢献できるので、ご当地WAONを1枚持っていても良いのではないでしょうか?


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加