東寺の五重塔と美しい紅葉を入れた「紅葉ウェディング ロケーションフォト」が期間限定で発売


京都市に本社があるワタベウェディング株式会社が、2014年10月15日(水)から「紅葉ウェディング ロケーションフォト」の発売を開始します。期間は12月25日(木)まで。

全国6エリア7ヶ所で撮影可

「ウェディング ロケーションフォト」は、同社が通年で「挙式とは違うシチュエーションを楽しみたい」、「結婚式は行わないけれどとっておきのウェディング写真を残したい」と考えている新郎新婦のために日本の四季が織りなす美しい景観を背景に撮影するロケーションフォトプランです。

今回、秋の期間限定で同社が選んだ撮影場所は全国6エリア7ヶ所。秋のブライダルシーズンに合わせて通常よりも1万円OFFとなるので、新婚さんは、この機会に「紅葉ウェディング ロケーションフォト」の利用を考えてみてはいかがでしょうか?

京都は東寺と神泉苑の2ヶ所

「紅葉ウェディング ロケーションフォト」の撮影ロケーション7ヶ所は以下の通りです。

  1. 松島 円通院(仙台)
  2. 旧芝離宮(東京)
  3. 三渓園(横浜)
  4. 徳川園(名古屋)
  5. 東寺(京都)
  6. 神泉苑(京都)
  7. 相楽園(神戸)

本社が京都にあるからでしょうか、京都のロケーションは東寺と神泉苑の2ヶ所ですね。

 

東寺は世界遺産に登録されている五重塔が有名なお寺です。京都駅から近いという好立地でありながら、四季折々の草花を楽しむことができます。

もちろん紅葉も美しいです。

瓢箪池を囲むようにたくさんのカエデが植えられているので、11月下旬には、真っ赤に色づいたモミジを見に全国からたくさんの観光客が訪れます。

東寺の紅葉

東寺の紅葉

晴れた日には、池に映り込む五重塔と紅葉を見ることができます。

なお、「紅葉ウェディング ロケーションフォト」の撮影場所に東寺を選んだ場合、料金は108,000円(税込)となります。

 

京都のもう1ヶ所の撮影場所の神泉苑は、二条城の近くにある観光名所です。

平安時代に東寺の空海と西寺の守敏(しゅびん)が雨乞い対決をした地です。敷地内には大きな池があり、朱色の反り橋と真っ赤な紅葉がよく似合います。

源義経と静御前が出会った場所とも伝えられているので、新婚カップルの方の思い出の写真撮影には絶好のロケーションと言えるでしょう。

神泉苑の紅葉時期は11月下旬頃。撮影料金は88,000円(税込)となっています。

 

新婚旅行に秋の京都をお考えの方は、「紅葉ウェディング ロケーションフォト」についても検討してみてはいかがでしょうか?

  • Autumn Leavrs Location Photo Campaign | ワタベウェディング

お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加