ワイモバイルが1年も経たずに消滅。ブランド名は残るが。


1月23日にソフトバンクが、携帯電話などの国内通信事業を担当する子会社4社を4月1日に統合することを発表しました。統合するのは、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社で、ソフトバンクモバイルが他の3社を吸収合併し存続会社となるようです。

Y!mobileブランドは残る

ワイモバイルは2014年にイー・アクセスとウィルコムが統合してできたばかりの通信会社なのですが、1年も持たずに消滅することになりました。

ソフトバンクとしては、似たような通信事業会社をいくつも分けておくことにメリットがなかったのでしょうね。

情報ネットワーク

ただ、Y!mobaileのブランド名は今後も残るようです。

そのため、ソフトバンクの通信サービスは、ソフトバンクブランドとY!mobaileブランドが併存する形になります。

最終的にブランドも1本化?

二つのブランドを併存させると言っても、このままずっと併存させ続けるのでしょうか?

いずれはソフトバンクブランド1本に統合されそうな気もします。利用者としても、同じ会社なのにブランドがいくつもあると混乱するでしょうから、タイミングを見てブランドを1本化しそうです。

ついでに通信料金も今よりも安くなると良いのですが。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加