4月4日に夜桜と皆既月食を見れるベストスポットは嵐山の渡月橋北側


日本気象協会が、3月26日のプレスリリースで、4月4日に月食花見ができるスポットとして京都の嵐山公園を紹介しています。

京都のソメイヨシノの満開予想日がちょうど4月4日となっています。この日は、嵐山できれいな夜桜と皆既月食が見れることでしょう。

渡月橋の北側がベストスポットか?

皆既月食が始まるのは、東京で19時15分頃とのこと。なので、京都でも、その頃から月食が始まることでしょう。

花見の季節と月食が重なるのは、次回は17年後の2032年ということですから、2015年春の皆既月食は、なんとしても夜桜と共に見たいですね。

日本気象協会が運営する「 tenki.jp」では、夜桜と皆既月食が見れるスポットとして嵐山を紹介しています。

嵐山

特に渡月橋の北側の臨川寺地区が渡月橋と夜桜と月食が見れるということで、おすすめのようですね。

ライトアップされる観光名所でも見れるはず

他にも春の京都では、多くの観光名所が夜のライトアップを実施します。

今回の月食は、南東~東南東方面、30度付近に見ることができるようです。その角度から夜桜を見れる観光名所ですぐに思いつくのは、東寺ですね。

東寺には、不二桜と呼ばれるとても大きな枝垂れ桜が拝観エリアの入り口付近にあります。この不二桜と五重塔を同時に見れる角度が南東です。なので、4月4日に東寺に行けば、月食、不二桜、五重塔を同時に見れるのではないでしょうか?

他に円山公園でも月食が見れそうですが、東山が邪魔になるかもしれません。

京都御苑からなら皆既月食を見れそうですね。桜もたくさんあるので、夜桜も楽しめるはずです。

また、鴨川が北から南に向かって流れているので、西側のほとりに座っていれば、皆既月食を見れそうですね。桜もたくさん植えられていますから、夜桜と月食を同時に見れそうですよ。


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加