男性は誘われないと遊園地に行かない?人気1位のテーマパークは東京ディズニーランド。


マイボイスコム株式会社が、12月4日のプレスリリースで「遊園地・テーマパーク」に関するインターネット調査の結果を公表しました。

それによると、人気の遊園地・テーマパークは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンがトップ3だったようです。

5年以内に遊園地やテーマパークに行ったことがない人が約4割

この調査の男女の比率は、男性48%、女性52%です。また、アンケートに回答した年代の割合は以下の通りです。

  • 10代:1%
  • 20代:9%
  • 30代:20%
  • 40代:31%
  • 50代以上:39%

遊園地やテーマパークの主要な利用層が10代と20代だと思うのですが、それらの年代の回答割合が低いので、あまり実態を反映してないかもしれませんね。それでも、なかなか興味深い調査結果となっています。

まず、遊園地・テーマパークの利用頻度は、「直近5年以内に行っていない」が42.5%と最多となっています。「行ったことはない」の6.9%と合わせると半数近くが5年以内に行ったことがないということですね。

また、「年に1回以下」と回答した割合が35.3%となっています。不景気の影響なのか、主要ターゲット層の10代と20代の回答が10%しかないことが理由なのか、どちらが主要因かわかりませんが、意外とテーマパークの利用者は少ないようです。

男性は子供や家族に誘われたら行く

遊園地・テーマパークに行くことになったきっかけについては、「自分が行きたかった」が女性30代以下で多くなっています。また、10代と20代では「記念、思い出作り」「友人・知人等に誘われた」が多くなっています。

男性や高年代層では、「子供や家族が行きたいと言った」の割合が高くなっています。基本的に大人の男性が一人でディズニーランドに行くことはないでしょうから、この回答は妥当だと思われます。おそらく若い年代でも、男性は自分から率先してテーマパークに行くことはなさそうですね。

ディズニーが群を抜いている

人気1位の東京ディズニーランドに直近5年以内に行ったことがある人は全体の51.3%もあり、2位の東京ディズニーシーでも45.9%と利用率が高くなっています。3位のUSJになると一気に下がり25.5%、4位の横浜・八景島シーパラダイスは10.2%、5位のハウステンボスは7.7%です。

こうやって見ると、ディズニー人気が際立っていますね。アンケートに回答した人が首都圏に密集していたのかもしれませんが、高い利用率となっています。

きっと、男性がテーマパークに行く場合、家族旅行でディズニーランドやディズニーシーを選ぶのでしょうね。

ちなみに今回の調査では動物園が全く含まれていなかったので、テーマパークという位置づけにはなっていないのでしょう。

サイ


お役に立ちましたらシェアお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加